民間沖縄対策本部■尖閣へ漁船約10隻が石垣出港(第一桜丸出港)

シェアする

<尖閣へ漁船約10隻が石垣出港>

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20110703-799295.html

(日刊スポーツ[2011年7月3日15時38分])

沖縄県石垣市の八重山漁協所属の漁船約10隻が3日、尖閣諸島周辺で操業するため石垣港を出港した。うち1隻は政治団体が所有している。

 政治団体によると「周辺海域で一本釣りや潜水漁業を行い、映像を世界に配信する。日本の領土・領海だと証明する」としている。尖閣諸島(97件の関連記事)への上陸はしないという。

漁船は3日午前6時ごろ出港、午後1時ごろ到着の予定。政治団体によると、出港直前に団体の漁船1隻が海上保安庁による臨検を受けた。団体の漁船は4日早朝に帰港する。ほかの漁船は2~3日間操業してから戻る。

一方、第11管区海上保安本部(那覇)によると、3日午前6時40分ごろ、尖閣諸島97 件・魚釣島の北西約31キロの接続水域を中国の漁業監視船「漁政201」が航行しているのを確認。同本部は、日本の領海内に侵入しないよう警告した。漁業監視船は「中国の管轄海域であり、われわれは正当な業務を行っている」と応じたという。監視船は午前10時40分ごろ、接続水域を出た。(共同)

(転載終わり)

 

関連投稿

シェアする