民間沖縄対策本部■シナの侵略から靖國・沖縄・日本を護る国民大集会 第二弾

シェアする

亡国民主党政権により、日本の国家主権が侵食されつつあります。

真っ先に侵略されるのは、直接侵略においても間接侵略においても最前線の「沖縄」です。

いま、沖縄から北海道まで一本の柱で貫かれた日本国家の再建に立ち上がらなければなりません。

8月14日靖國会館で沖縄靖國神社参拝団主催にて下記の集会が開催されます。

万障繰り合わせの上ご参加くださるようお願い申し上げます。

(仲村覚)


■シナの侵略から靖國・沖縄・日本を護る国民大集会 第二弾
~数次ビザで沖縄から堤防が崩れる!シナ人の洪水だ!~

沖縄の観光振興に名を借りてシナの工作が着々と成就しています。
沖縄経由で日本中が支那の工作員で溢れかえります。
先人が、英霊が護ってきた沖縄が大ピンチ!日本の危機です!
愛国者は立ち上がろう!

支那は、沖縄を日本属国化の第一歩の目標と定め、「日本は琉球の合法主権を持っていない」とまで主張しています。

そもそも明治7年、帝国政府は同じ大和民族でありながら清国の影響を強く受けていた沖縄の民族統一を図るため、台湾出兵を行いました。そして明治12年に沖縄県を設置し、近代国家日本の民族の統一に成功しました。

その台湾出兵にて戦死された英霊は靖國神社に祀られています。いま、日本は明治維新直後と同じように支那と対峙しなければならない状況です。今こそ、靖國の英霊の志を学び靖國に相集い 祖国を守りぬく事を共に誓おうではありませんか?

日時 8月14日(日)午後1時~午後4時
場所 靖國会館 (東京件 靖國神社境内)
資料代 1000円 事前申込み不要 直接会場にお越しください

<登壇予定者(順不同)>
◎仲村俊子(沖縄防衛協会初代婦人部長)
◎伊藤玲子(建て直そう日本・女性塾 幹事長)
◎村田春樹(自治基本条例に反対する市民の会)
<主催> 沖縄県靖國神社参拝団
<共催> 支那の侵略から靖國・沖縄・台湾を護る国民大集会実行委員会
委員長 村田春樹   事務局 沼山光洋
<協賛> 靖國会 / 維新政党・新風 / 自治基本条例に反対する市民の会
日本会議宜野湾支部 / 日本会議うるま市部準備室 / そよ風


昨年の集会の動画を一部紹介させて頂きます。

平成22年8月14日 11:00~13:00 靖国会館
「シナの侵略から靖國・沖縄・台湾・日本を護る国民大集会」

関連投稿

シェアする