JSN■(後半)日本の危機の本質「日本人アイディンティティー破壊戦争」

私なりに日本の危機の本質についてまとめてみました。

誰も言及した事はないのですが、現在日本でおきている戦争は、「日本人アイディンティティー破壊戦争」だと理解しています。そして、日本侵略の最前線が沖縄であり、沖縄では被害者史観からなる反米、反日、親中のアイディンティティーがマスコミと学校により作られ続けてきました。

日本を守るためには、日本国民が平和ぼけから目覚め、愛国心を復活させなければなりませんが最も急がなければいけないのは、国をあげて「郷土沖縄を愛し、日本を愛する沖縄県民」をつくる事だと思います。

前回に引き続き後半を配信いたします。


■沖縄の歴史を利用して親中感情を植え付けられた
1980年頃から那覇市、沖縄県、浦添市と中国とが姉妹都市関係を結び、中国との友好関係を深めています。沖縄は琉球王国の時代に中国と冊封・朝貢関係にあったという歴史を持って、中国は友好関係を求めてきます。

実際は沖縄が交流したのは明や清であって「中華人民共和国」ではないにもかかわらず、ほとんどの沖縄県民は自分たちの琉球王朝時代の先祖は中国と親交が深く、その時代は沖縄の最も華やかな黄金時代であったかのような錯覚に陥ってしまっています。それを根拠に沖縄は中国と仲良くするべきだと思い込まされています。

そして、尖閣諸島が領海侵犯をされても、ほとんどの沖縄県民が危機感を持たないほどこの洗脳が強力に効いているのです。

■沖縄は東アジアの軍事的エルサレムである
以上お話したように沖縄では一筋縄では理解できない複雑な戦後の歴史があります。何故、このように複雑な状況になっているのでしょうか?

それは、一重に沖縄が地政学的に重要な位置にあるからです。つまり、沖縄をほしがっている国がたくさんあるということです。米国は東アジアの覇権を維持するためには絶対に沖縄を手放す事はできません。そして、中国にとっては日米同盟が最大の敵であり、それを崩すためには沖縄の米軍を追い出す事が重要です。それが実現できれば西太平洋の覇権を確立することができるのです。

つまり、沖縄は東アジアの軍事的エルサレムのような状態にあるのです。

エルサレムがキリスト教、ユダヤ教、イスラム教三大宗教の聖地となっていて常に一触即発の危機にあるのと同じように、沖縄は、東アジアの覇権を目指す、米国、中国、日本、三か国にとって最重要軍事重要拠点なのです。

本来なら、東アジアの安定と平和のために日本が沖縄を最重要の軍事拠点をして支配するべきですが、日本がその自覚がないために、現在米中両国が沖縄をめぐってしのぎを削って目に見えない戦いを繰り広げているのです。

■沖縄を奪うために沖縄県民に被害者史観を植え付けた
現在、戦争は始まっています。しかし、その戦いは、これまでの戦争のように軍事力を使った戦いではありません。沖縄のマスコミ、沖縄の政治家に「米軍基地撤去!」と言わせて米軍を追い出そうとしているのです。

つまり、中国共産党日米同盟を崩壊させ、沖縄を中華琉球民族の琉球特別自治区として香港やマカオのような一国二制度の属領としようとしているのです。そのために、沖縄県民のアイディンティティーを反米、反日、親中へと誘導しているのです。

その手法は、中国や朝鮮と同じです。「琉球は昔は中国と交流が深く、日本よりすばらしい文化を持つ国だった。しかし、日本軍や米軍に虐待や差別を受けた。」という被害者史観からなるアイディンティティーです。沖縄では、学校教育とマスコミ教育により、この歴史観を半世紀以上にわたって植え付けてきたのです。

■郷土沖縄を愛し、日本を愛する沖縄県民をつくる事
沖縄は他の都道府県と違い、他国にその歴史や文化を利用される危険性を持っています。
そのため、愛郷心を利用して反日感情を煽動する事が可能なのです。

自分の郷土を愛する事はすばらしい事です。誰も否定できません。しかし、その感情を巧みに反日や反米に利用する国がいるのです。それが、実は日本の弱点であることを彼らは見抜かれているのです。

ですので、日本の国家百年の計に必ず入れておかなければならない事があります。

それは、「郷土沖縄を愛し日本を愛する沖縄県民をつくる事」そして、「郷土沖縄を守り日本を守る沖縄県民をつくる事」です。本来なら、米軍統治下の洗脳を解くために沖縄祖国復帰と同時に始めなければならなかった事です。

■沖縄が変れば日本が変わる
いま、日本は中華人民共和国の属国になる危機にあります。その危機を回避するためには、日本国民が平和ぼけから目覚め、愛国心を復活させなければなりません。

短時間で、1億3000万人の日本人を目覚めさせる事は不可能です。しかし1%の国民なら可能ではないかと思うのです。

では、日本の危機を回避させるために最も効率的で有効な1%はどこの人でしょうか?それは、沖縄県民ではないかと私は思うのです。中共の工作は1%の沖縄県民を洗脳すれば日本をのっとれるという作戦です。

それでは、私たちも同様に、全国のどこよりも沖縄県民を洗脳から解く事に力を集中させるべきではないでしょうか?そして、沖縄県が愛国者にあふれ、中共に煽動された「反戦平和の島」から「防人の島」に変ることにより日本が自立した国へと変わっていく事ができると私は信じています。

(JSN代表 仲村覚)

関連投稿