■琉球独立プロパガンダ動画:「琉球群島は古来より中国の領土!」

シェアする

琉球独立プロパガンダは、新聞の記事だけではなく、中国内のネットでは様々な動画も出回っています。今回紹介する動画は、沖縄の文化を紹介するようなきれいな動画なのですが、「琉球群島は古来より中国の領土」というメッセージが強くこめられたものです。動画を見られない方のために、簡単に紹介説明します。

<琉球独立プロパガンダ動画:「琉球群島は古来より中国の領土!」>
琉球列島の地図の上に「琉球王国」と表記された地図が現れます。そして、沖縄本島の地図が表示され、その上に次の大きなテロップが流れます。

「琉球列島は、古くから中国の領土である。」

次に中国の古地図の上に、「中国の隋朝は琉球王国に対して行政管轄を実施していた」と説明されます。
その後、古代琉球王国の身分の高そうな人々のモノクロ写真、琉球王の絵が映され、次に首里城のきれいな写真がBGMとともに流れてきます。

その後、沖縄観光スポットが紹介されていくのですが、最初に「琉球王国は中国のものだ!」というメッセージがあったので、ここで見る首里城や観光地は全て、中国のもののような錯覚に陥ってしまいます。

中国国内で流すプロパガンダとしては、非常に良くできています。このようなプロパガンダが中国に広がり、危険な状態になっているという事を、日本国民は早く知るべきです。特に沖縄県民は知るべきだと思います。次回は、この動画についての分析結果をお伝えしたいと思います。

(JSN代表 仲村覚)

関連投稿

シェアする