JSN■■今日の昼のニュース・・・中国の艦隊 南西諸島を通過

シェアする

日本の首相が国外に出ている隙を突いて中国が動いている。普通の国なら緊急の事態である。民主党政府は危機管理体制は出来ているのか?

以前、メルマガでも書いたように、ここ1年、中国の東シナ海での動きがまったく報道されず、何らかの動きはある、あっただろう、と書いたが、やはり、3月にも艦艇6隻が沖縄本島と宮古島の間を通過していたようだ。

下記、NHKニュースを引用しておく。

(JSN副代表・ささき)


■中国の艦隊 南西諸島を通過

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100413/t10013801731000.html
4月13日 12時4分 NHKニュース

中国海軍の潜水艦や駆逐艦など10隻が、艦隊で、沖縄本島と宮古島の間の公海上を通過したことが確認され、防衛省は、中国海軍が最近、日本の周辺海域で活動を活発化させているとみて分析を進めています。

防衛省統合幕僚監部によりますと、今月10日午後8時ごろ、中国海軍の潜水艦とミサイル駆逐艦、それに補給艦など10隻が、沖縄本島の西南西140キロの公海上を通過しているのを海上自衛隊の護衛艦が確認しました。

10隻は最新鋭の潜水艦2隻を中心に艦隊で行動しており、現在、太平洋上の沖ノ鳥島の方角に向けて航行を続けているということです。また、このうち、駆逐艦など4隻は今月7日から9日まで東シナ海で訓練を行っているのも確認され、この際、艦載ヘリコプターが、周辺で警戒していた海上自衛隊の護衛艦の間近まで接近してきたということです。

一連の行動は最近、中国人民解放軍の機関誌で公表された訓練の一環とみられています。中国海軍をめぐっては、ことし3月にも艦艇6隻が沖縄本島と宮古島の間を通過しており、防衛省は、中国海軍が日本の周辺海域で活動を活発化させているとみて分析を進めています。

関連投稿

シェアする