JSN■緊急課題:安全保障の議論の出来る沖縄へ!

シェアする

●安全保障の議論を封じる左翼の洗脳

いま、沖縄県は超党派で一致団結して普天間基地の県外移設を要求しています。これは、共産党の統一戦線が大成功したわけです。

かれらの手口は常に同じですがマスコミと連携しているので非常に巧妙です。「沖縄県民は基地を押し付けられた被害者だ!」「もう我慢できない!」「美しい海に基地はいらない!」という論法です。

これに、反日感情まで加えて、「沖縄県民はいつも日本の被害者になって来た」「琉球王朝も薩摩に侵攻され」「明治政府には琉球処分をされ」「戦後は、米軍統治下におかれ」「復帰しても米軍基地を押し付けられてきた」このように客観的歴史の検証もないままに、反米・反日感と厭戦的平和主義で沖縄県民を洗脳してきたのが沖縄のマスコミ、沖教祖、左翼市民団体です。

この洗脳により、沖縄では安全保障の議論が封じ込まれているのです。全員が洗脳されているわけではないのですが、公の場で議論できないままに間違った判断をし国を滅ぼす方向に進んでしまっています。

●全国の保守の力を結集して安全保障の議論の出来る沖縄へ!

今、日本が中国の属国になるのを防ぐために必用な事は、「沖縄県民が安全保障の議論ができるようにすること」です。これは、日本人全員で力を合わせて行うべき課題だと私は考えています。なぜなら、左翼勢力が革命拠点として陣地を築いてきた沖縄を取り返す戦いだからです。

沖縄の祖国復帰前から全国の左翼組織が沖縄を革命の拠点とするために、結集して洗脳してきたわけですから、その洗脳を解くためには、どうしても全国の保守の力を結集する必要があるのです。

●防衛力増強を求める沖縄県民の声は他の都道府県の数十倍の力を持つ

現在、日本で真っ先に他国からの侵略を受ける危険性が高い所は、沖縄県です。その沖縄で「安全保障の議論」ができるようになれば、沖縄県から防衛力の増強を求める声があがってくるはずです。

真っ先に、侵略される危険のある沖縄県民の声を誰も反対できるはずはありません。「沖縄県民は自衛隊に守ってもらう権利がある!」と沖縄から主張していけばよいわけです。防衛力増強を求める沖縄県民一人の声は他の都道府県の数十人分にあたるだけの影響力があると思います。

「日米同盟堅持」を求める声も同じです。他のどの都道府県から声をあげるよりも、沖縄から声をあげる事が力をもつわけです。

●今、沖縄県民に知っていただきたい事

今、沖縄県民に知っていただきたい事は大きく二つあります。

(1)中国一党独裁の人権無視の国家である。
(2)中国は太平洋の覇権を狙っており、太平洋の通路として沖縄の支配を狙っている。

(1)については、4月4日の沖縄県民緊急フォーラムで日本ウイグル協会のイリハムさんから詳しい、驚愕の事実についてお話をいただけると思います。

(2)について簡単な解説を加えたいと思います。

下記に中国から見た東シナ海の地図を掲示しました。

日本列島が中国が太平洋に出て行くのを塞いでいるというのがわかると思います。そして、太平洋に出るには、南西諸島を通らなければならない事がわかります。

これが、中国が尖閣諸島を狙う本当の理由です。エネルギーが採れるかどうかは二の次です。海洋戦略上、太平洋へ自由に通れるルートが欲しいわけです。中国は、幸い沖縄には尖閣諸島という無人島があったので、そこに狙いを定め領有を宣言したわけでした。人が住んでいると大義名分が立たないので、無人島から攻めていくわけです。

このように深慮遠謀の作戦が背景にあるわけですので、岡田外務大臣が口頭で尖閣への不干渉を求めたぐらいでは簡単に引き下がるわけは無いのです。

▼3月16日 尖閣への不干渉求める 中国の保護法施行で外相 (2010年3月16日)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100316/plc1003162016018-n1.htm

勝負に勝つには、敵の考えや思いを知ることが重要です。この中国の深慮遠謀の背景を知った上で3月18日のニュースをご覧いただきたいと思います。

▼3月18日 中国外交部、「尖閣列島は中国固有の領土」だと主権を主張
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0318&f=politics_0318_001.shtml

▼3月18日 沖縄南西諸島で中国軍艦航行

(JSN代表 仲村)

関連投稿

シェアする