JSN■3・18沖縄南西諸島で中国軍艦航行

シェアする

■3・18沖縄南西諸島で中国軍艦航行

下記、メルマガは、マスコミ報道が取り上げない中国やロシアなどの軍事行動を知るためや、日本の防衛を考える上で、大変貴重な情報源になると思います。

昨年6月、中国海軍が沖ノ鳥島近海で軍事演習を行った情報をいち早く知ったのも下記メルマガからでした。この中国海軍の沖ノ鳥島近海で軍事演習の報道を唯一報道したのは産経新聞のみ。しかしその報道は、1ケ月後の7月でした。

もちろん、下記行動がどうした行動であったかは、もちろんわかりません。しかし防衛意識があれば、注視しなければならない行動です。

さぁ、下記の「3・18沖縄南西諸島で中国軍艦航行」を、マスコミが報道するか、してもいつになるか、みなさんご注目ください。日本のマスコミの防衛音痴度がどれほどのものかわかると思います。

(JSN副代表・ささき)

●軍事情報 第424号 (最新軍事情報)より

☆ 編集・発行人:エンリケ航海王子(おきらく軍事研究会)
☆ メルマガ紹介(まぐまぐ):
☆ 公式メインサイト:


22.3.19 統合幕僚監部

(お知らせ)
中国海軍艦艇の動向について

3月18日(木)午前、海上自衛隊第2護衛隊(舞)所属「あまぎり」が、沖縄本島の西南西約180kmの南西諸島を南東進する中国海軍のルージョウ級ミサイル駆逐艦1隻及びジャンウェイ2級フリゲート1隻を、同日午後、第13護衛隊(佐)所属「あさゆき」が、沖縄本島の西南西約180kmの南西諸島を南東進する中国海軍のジャンウェイ2級フリゲート1隻及びジャンフー3級フリゲート1隻を、各々確認した。

また、同日午前、第5航空群所属のP-3Cが、宮古島南約140kmの太平洋を南西進するフーチン級補給艦1隻及び艦級不明の艦艇1隻を確認した。なお、当該艦艇は、17日、東シナ海を南下していた。

関連投稿

シェアする