【メディア掲載】月刊正論令和元年9月号「狼煙上げた琉球人大虐殺説」

シェアする

8月1日発売の月刊正論令和元年9月号に寄稿論文を掲載いただきました。

6月25日、国連人権理事会で日系四世のハワイ人ロバート梶原氏がNGOの代表としてスピーチし、

「日本は沖縄戦を利用して琉球人の大虐殺を隠蔽し、その数は14万人。」

という趣旨の発言をしました。

初めて聞く方は、その途方も無い大嘘に驚きと怒りを覚えることでしょう。

しかし、実はこのプロパガンダは、ロバート氏が急に考え始めたのではなく、平成22年の中国漁船尖閣諸島沖衝突事件直後から、同様のプロパガンダは発信されていたのです。

詳しくは是非、ご購読の上ご一読ください。

http://urx3.nu/0SOh
(中国版オンライン百科事典の「百度百科」に掲載されている「琉球大虐殺」。説明文は「1945年4月、日本軍は、沖縄の人が中国を引き入れる恐れがあるとして、沖縄の人を殺すよう命令し、けが人と死者は合わせて26万人以上」とある。)

続きはこちらからご購読をお願いいたします。

http://urx3.nu/aq1V

関連投稿

シェアする