沖縄対策本部長■【テレビ出演動画】フジテレビ12月5日「知りたがり」動画とその裏話

シェアする

■最もコメントの困難な一連の不適切発言、反米工作に加担するか番組をぶち壊すか

先週金曜日の12月1日、フジテレビから一川防衛大臣の不適切発言の解説をお願いしたいというテレビ出演の依頼がまいこんできました。

テレビに出演できるという事はまたと無い大きなチャンスだったのですが、一方大きなリスクを感じる内容のものでした。

番組の内容は、12月1日に、佐藤正久議員が一川防衛大臣を追求した「95年の米軍の婦女暴行事件の詳細を知っていますか?」という質問に対して一川防衛大臣が「詳細は知らない」という回答したという不適切発言をテーマに上げた、解説番組です。

番組では一川防衛大臣が「詳細は知らない」と答えた95年の米兵婦女暴行事件を含めた「沖縄の悲しみの歴史」とそれに関する「沖縄県民の思い」を沖縄県出身者の生の声で視聴者に伝えたいという趣旨でした。

しかし、「悲しみの沖縄の歴史」も「沖縄県民の思い」も中共とつながった基地反対派がマスコミと結託して県民を扇動してつくりあげたものであり、この捏造が成功しているが故に、多くの政治家が騙され、沖縄を腫れ物にさわるように接し普天間問題が迷走してしまっているのです。

この工作の構図は自民党時代から変わっていません。

番組に出演した場合、企画者のストーリーに従うと、この工作に加担する事になってしまうし、真実をストレートに発言すると番組の企画を破壊し、二度とテレビにでれなくなってしまうかもしれないという大きなジレンマのある番組出演依頼だったのです。

平成23年12月1日 東日本大震災復興特別委員会 佐藤正久(自民).part1(該当質問と答弁は7分56秒頃~)

■日本を滅亡に導く捏造された「沖縄県民の思い」と「沖縄と日本政府の対立構図」

佐藤正久議員も質疑では婦女暴行事件は普天間基地移転のきっかけとなったと発言されています。

一般的にはそれは事実ではありますが、もう少し正確に言うと反米、反基地活動団体が婦女暴行事件の被害者少女を基地撤去運動に利用した結果、成功して普天間基地の移設の話が進んでいったというのが事実です。

この事件で大成功を収めたのは、県民を扇動して大集会を開催し、「沖縄県民の思い」をつくりあげ「沖縄」VS「日本政府」の対立構図を作る事に成功したことです。

この対立構図で徹底的に日本政府を揺さぶることに成功した事です。

つまり、沖縄県民=被害者 日本政府&米軍=加害者 という構図を作り出し、沖縄を梃子として日本政府を徹底的に揺さぶるのです。

この構図により、全国の共産党、社会党は、「沖縄県民の痛みを・・・・」とか「これ以上沖縄に基地を押し付けてはいけない。。。」などと、各議会で発言する大義名分が立つわけです。

実は、全国の反米勢力は沖縄の祖国復帰前からこのような対立構図を作り上げ、沖縄を反米闘争の基地として利用し続けてきたのです。

■左翼の言葉を利用して左翼閣僚問責決議へと追い詰めた佐藤正久議員

そのように理解すると、佐藤正久議員の質疑の言葉は、沖縄と日本政府の対立構図を後押しし、社会党や共産党が沖縄の基地撤去を進める大義名分を認めた事になる事をご理解いただけたと思います。

しかし、佐藤議員はある意味、「沖縄県民の思い」という左翼の言葉を利用して左翼閣僚の一川防衛大臣を見事問責決議へと追い詰めたのです。

資質の無い防衛大臣を辞任に追い込むことは正しいことですので私は佐藤議員を応援しています。

しかし、私が心配しているのは、今後、保守政権ができたとしても、沖縄をはれものに触るように接し、同じ失敗をしてしまう可能性が大きいことです。

■防衛大臣が沖縄に為すべきことは、基地負担への同情ではなく、沖縄防衛の啓蒙である

沖縄を巡る安全保障環境が深刻な状態になっている今、このような失敗をこれ以上繰り返す時間はありません。

沖縄を守るために、防衛大臣が沖縄に為すべき事は、基地負担への同情ではなく、沖縄防衛の啓蒙です。

沖縄防衛の責任者は、防衛大臣です。

新防衛大綱では、どのような計画で自衛隊が、もしくは日米共同で沖縄を防衛するのかを最もご存知なのは、防衛大臣であるはずです。

そして、それを沖縄県民に詳しく説明できるのも、防衛大臣を置いては他にいません。

諸々述べてきましたが、そのような思いを胸に秘め、番組に出演したことを理解いただけるとありがたく思います。

限られた時間では、伝えたい多くの真実の何十分の一も伝えることができませんでしたが、

基地反対派が言う「沖縄県民の声」が幻であることを伝え、「沖縄」VS「日本政府」の対立構図を打ち消す方向に持っていくことはできたと思います。

下記に私が出演したフジテレビの番組の動画のリンクを掲載いたしました。

沖縄の視聴者が録画しUPしてくださいました。ありがとうございます。

(仲村覚)


①【基地問題】歴史と現状、沖縄県民の思いをわかりやすく解説

動画リンク切れ

②【基地問題】歴史と現状、沖縄県民の思いをわかりやすく解説

③【基地問題】歴史と現状、沖縄県民の思いをわかりやすく解説

関連投稿

シェアする