沖縄対策本部長■【動画2本】よくわかる米空母艦隊VS中国海軍(9分+28分)

シェアする

前回のブログで述べましたように、米国は中国包囲体制をとりつつあります。米中冷戦の始まりです。

米国の西太平洋の抑止力は、第7艦隊です。その第7艦隊と米空母の役割についてよくわかる動画を2本紹介いたします。

勉強してみましょう!

(仲村覚)


<アメリカ第7艦隊(日本語)US Seventh Fleet (Japanese) >

アメリカ第7艦隊へようこそ。

西太平洋からインド洋まで広がる区域でアメリカ第7艦隊は、アメリカの国家安全保障戦略の重要要素である「抑止力」「前方防衛」そして、「同盟国との結束」を支援しています。

4800万平方マイル第7艦隊担当区には域数十カ国もの海洋国と急成長を続ける経済圏が含まれています。

アメリカ最大の前方展開艦隊として第7艦隊の担当区域には常に70隻以上の艦船、200機以上航空機、そして、4万人以上の海軍兵と海兵隊員が展開しています。

<新唐人スペシャル【世事関心】世紀の激戦 空母攻防(28分5秒)>

【新唐人2010年11月23日付ニュース】

世界の海の覇者であり、軍事技術を結集した、海上強国のシンボル――空母。巨大な空母の自衛方法とは?空母の攻撃の戦術と武器とは?賛否両論のある「対艦弾道ミサイル」ですが、中国軍はこれによって、米軍空母を制することが出来るのでしょうか。

詳しくは「世紀の激戦」の第2回、「空母攻防戦」をご覧下さい

関連投稿

シェアする