民間沖縄対策本部■東海艦隊と南海艦隊の動きは連携を疑え!(南シナ海の情報収集)

■東海艦隊と南海艦隊の動きは連携を疑え!

中国人民解放軍海軍の東海艦隊と南海艦隊が同時に動き出しました。
これまで、東海艦隊は東シナ海、南海艦隊は南シナ海と主義範囲が決まっていました。その東海艦隊が太平洋に出たタイミングで南海艦隊が動き出し南シナ海では紛争が起きそうになっています。

このタイミングは謎ではありますが、何か意図をもった連携作戦の可能性も考えられます。そのため、日本では詳細が報道されませんが、南シナ海の動きもウォッチする必要があると思います。

以下、動画の情報源を紹介します。
詳しいことは理解出来ないかも知れませんが、動画なら何が起きているかは理解出来ると思います。

以下のyoutubeのチャンネルを登録しておくことをお勧めします。

<VOAベトナム>アメリカ国営放送のベトナム語

ベトナム海軍実弾演習

2011年6月13日に東海にベトナム海軍ライブ発射演習では、全体の南シナ海の領有権を主張する中国が計画’U字型のライン’に反対した。ベトナムで反中国の抗議。フィリピン南シナ海、西フィリピン海と呼ばれています。

<ベトナムオンライン>

南シナ海で空母ジョージワシントン、米国の航空母艦

米第7艦隊の空母ジョージワシントンは、最近、ベトナム、中国、フィリピン間の増加の緊張の中で、南シナ海に入った。多くの船舶は6月12日日本の横須賀基地を離れ、米海軍によると、空母ジョージワシントンは、海軍軍のジョージワシントンキャリアストライクグループの構成導いた。艦隊の使命は、”西太平洋地域での多国籍パトロールに参加すること”です。

関連投稿