民間沖縄対策本部■保釣四十週年活動(4)~出海活動前置作業準備完成~(中華保釣協会:台湾)

シェアする

■保釣四十週年活動(4)~航行活動準備完了~(中華保釣協会:台湾)

中華保釣協会のサイトに最新情報が掲載されました。タイトルを訳してみると「保釣四十週年活動(4)~航行活動準備完了~」とかかれています。着々と準備が進んでいるようです。

短い本文がかかれていますが、意味をつかむことができません。だれか、訳していただけるとありがたいです。

↑這台夠堅固了吧,保證耐操、耐撞、有凍頭~

古い大型の漁船の写真が掲載されています。

↑中華保釣協會成員風城僕僕不怕辛苦,與漁民進行心理喊話~

作業風景の写真も掲載されています。

↑看看常務理事殷必雄先生的笑容,就知道此行大有斬獲~

最後に舟を背景にした常務理事の写真が掲載されています。
そして、最後に大きな字で

保釣40我們準備好了~(訳文:保釣40準備完了)

と書かれています。
(転載終わり)

■これらの写真からわかる事

これらの写真からわかる事は、大型の漁船で出航するということです。そうすると、5月末頃に進水式をした新しい舟はが中心ではないということになります。

考えられるのは、大型の漁船に小型のボートも積込み、尖閣諸島に近くなったら小型のボートを放出して、高速で航行し上陸する計画を立てているかもしれないということです。

これ以上は何もわかりません。

私は、海に関しては素人ですのでこれぐらいしかわかりません。しかし、見る人がみれば、もっといろんなことがわかるかもしれませんので、この情報を拡散をお願いいたします。

(仲村覚)

<5月31日頃に進水式をした舟>

関連投稿

シェアする