JSN■2・20 講演2:「誰も知らない沖縄反基地運動の真実」 平良武夫 第4回配信

シェアする

「この動画を見ることなく普天間基地問題を語ってはいけない!」そういっても過言でない動画だと思います。

米軍基地の労働組合には、朝鮮総連が深く関わっており、彼らが基地反対運動を主導している。そして、共産党系の安保破棄中央実行委員会が選挙の度に沖縄に集結している。これが、沖縄の基地反対運動の実態です。

平良氏はそのような中、様々な嫌がらせや妨害を受けながら、「米軍基地で働く事は、日本の安全保障に関わる仕事をすることであり、誇りを持って働くべきだ。」という信念を持ち、新しい労働組合を設立されました。

そして、このような労働組合を設立し拡大する事こそ、売国労働組合を弱体化させ、国家のっとりから、日本を取り返す唯一の方法であるとの信念で活動を展開されています。

是非、平良氏の動画をご覧ください。そして、応援をお願いいたします。

(JSN代表仲村覚)


JSN■2・20 講演2:「誰も知らない沖縄反基地運動の真実」 平良武夫(1)

1.基地に就職した時、基地撤去運動をする全国駐留軍労働組合の組織率が90%を超えていた。
<全駐留軍労働組合(略称:全駐労)>
http://www.zenchuro.com/
2.基地の中で日本の防衛の為に働いている事を誇りに思える労働組合を作った。
3.反基地運動、反自衛隊の「平和運動センター」という組織がある。(加盟組織28団体)
4.伊波洋一は自治労の委員長出身。普天間基地の危険性の除去のために移設をお願いするべき人が反対だけをして何も解決していない。

JSN■2・20 講演2:「誰も知らない沖縄反基地運動の真実」 平良武夫(2)

1.全駐労は平和労働センターでチェチェ思想を広める運動している。
<沖縄でチュチェ思想全国セミナー>
 http://megalodon.jp/2010-0808-1417-34/kamomiya.ddo.jp/Souko/C01/Kamakura/Syutai.html
2.大きな集会があると朝鮮総連の人が参加し、韓国の人として紹介されている。
3.彼らこそ日本人としての誇りを失わせる張本人

JSN■2・20 講演2:「誰も知らない沖縄反基地運動の真実」 平良武夫(3)

1.私は基地が整理縮小につながる事には反対しない。日米同盟の弱体や自衛隊の増強のない整理縮小には反対する。
Q1.基地従業員は、公務員並の身分保障との事だが公務員何でしょうか?
Q2.沖縄平和運動センターは社民党や民主党系、安保破棄中央実行委員会は共産党系の組織が加盟しているという理解で良いですか?

関連投稿