JSN■異常に冷静を装う中国、その背後では人民解放軍が中朝国境に緊急集結!(世界軍事ネット)

シェアする

人民解放軍が、北朝鮮の国境に集結したという記事がありましたので、翻訳してみました。米韓軍と北朝鮮で紛争が起きた場合、中国が参戦する可能性がでてきました。つまり、北朝鮮の砲撃も中国と調整した上で実行したと推測されます。という事は、北朝鮮有事と尖閣諸島の侵略の動きは連動する可能性が高いということです。米国を北朝鮮に惹きつけた上で、尖閣を奪いにくる可能性があると考えられます。尖閣諸島を侵略を管轄しているのは、寧波市の「東海艦隊」(※1)です。今、東海艦隊の軍艦の監視が必要だと思います。

■異常に冷静を装う中国、その背後では人民解放軍を中朝国境に緊急集結!
http://www.wforum.com/news/headline/newsViewer.php?nid=24516&id=33277&dcid=9
(世界軍事ネット 2010-11-28 18:26:47)

アナリストは朝鮮半島に重大な危機が発生した時中国は何もせず傍観することはありえないと考えています。これは、米国の軍隊と中国の軍隊が同時介入につながる可能性があります。

南北朝鮮の砲撃戦が勃発してから、「瀋陽軍管区」※2は最新の注意を払い、いくつかの精鋭装甲師団が動員され配置されたことを表明している兆しがあり、中朝の国境に緊急に集結しました。しかしニュースでは中国政府は「通常の移動」と発表し否定しています。

解放軍は今年7月以来、いつもと全く違う何度ものハイレベルの軍事演習をした事がニュースで明らかにされています。その内容は沿海に至る内陸の兵員輸送、対艦ミサイルの試射、防空演習については、パラシュート兵の海上降下訓練までもを含み、関連した範囲はますます拡大し、地区を跨る協力の程度も非常に高まっています。

最も人目を引いたのは、海軍の新型岸艦ミサイル部隊は8月6日に東シナ海で「飽和攻撃」※3の実弾演習をした事です。

YJ-62A(鷹撃62A/C-602A)対艦ミサイル(陸上発射型)

外国メディアは次のように分析しています。

新型の岸艦のミサイルの総括的な重さは1350キログラムで、その中の弾丸の重さの300キログラム、“このようなミサイルを開発する主な目的はたとえば航空母艦、水陸両用揚陸艦、1万トンクラス以上の水上にある軍艦をを攻撃するためですと語っています。

2~4発のこのミサイルは600~1200キログラムの投射能力を持っています。その上ミサイルは燃料を装填し、空母などの大規模の水面目標に重傷を負わせる能力があります。”

中国の一連の配置の強硬姿勢のためかもしれませんが、これまで空母ジョージ・ワシントンは黄海にはいっていません。しかし今回の南北朝鮮の砲撃戦の後で、米国と韓国がハイレベルの宣言をし、28日に空母ワシントンが黄海にはいり、韓国と防衛性共同軍事演習が行われています。

明日は、北朝鮮が中国の安全性を証明する暗い現実です。

<韓国の米韓合同演習報道>

【用語解説】

<※1東海艦隊>
東海艦隊(とうかいかんたい)は、1949年4月23日に結成された中華人民共和国初の海軍部隊で、中国人民解放軍海軍3大艦隊の一つ。当初本拠地は上海にあったが、後に中国人民解放軍海軍への編入に伴って司令部を浙江省寧波に移した。旗艦は潜水艦救難艦302祟明島。主な任務は台湾海峡、連雲港より南の東シナ海と黄海の防衛。

<※2瀋陽軍管区>
中ロ国境及び中朝国境など中国の東北の守りを固める。4個集団軍、遼寧省軍区1旅団、2個武装警察師団を管轄する。

<※3飽和攻撃>
相手の対処能力を上回る攻撃をかけること。
軍事用途では、対艦戦闘や弾道ミサイル迎撃など様々な所で出現する。

関連投稿

シェアする