JSN■「中国は沖縄の主権を求めよ」、香港有力誌も強硬論

シェアする

JSN■「中国は沖縄の主権を求めよ」、香港有力誌も強硬論

(サーチナ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101005-00000080-scn-cn (リンク切れ)

尖閣諸島周辺の日本領海を中国漁船が侵犯した問題に絡み、香港の有力誌・亜州週刊(10月3日号)は、巻頭のコラムで、尖閣諸島(中国名、魚釣島)問題の発端は米国が施政権を勝手に譲ったのが原因だとして、中国は沖縄の主権を主張せよとの自社の意見を掲載した。中国では、有力紙、環球時報が9月、沖縄はもともと日本の領土でないとする記事を掲載するなど、中国が主権を主張できるかのような強硬論が相次いで出現している。香港誌もこうした主張に追随したものといえそうだ。

亜州週刊によると、尖閣諸島は歴史資料から中国の領土であることは疑問の余地がないが、米国が第2次大戦後の圧倒的な力を背景に沖縄とともに日本に管轄権を移した。尖閣諸島の主権を争うなら、沖縄の主権の帰属についても合わせて議論すべきという。

同誌は「これらの島が戦後、米国と日本が勝手に主権を授受したという事実を世界に知らる必要がある。併せて米国に対し、沖縄の管轄権と主権を中国に返還するよう要求しなければならない。そうしてこそ歴史の正義に適う」と主張した。(編集担当:中岡秀雄)

(転載以上)

上記記事の原文サイトを探してみました。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7c/32/cff01100e68c5b2d3f9a7481d842237a.jpg

取り急ぎ、ヘッダー部分だけを訳してみます。
<原文>
釣魚島問題應提琉球主權
釣魚島問題的始作俑者是美國,美國當年將其與琉球交付日本,是美日的私相授受。中國除要向日本力爭釣魚島外,還須將琉球主權一併討論,將美日在二戰後的主權私相授受告知全世界。

<訳文(訳:仲村覚)>
魚釣島問題は琉球が主権を持つべきだ。
釣魚島の問題の創りだした張本人は米国です。米国は当時それ(釣魚島)を琉球を日本に交付して、米日で秘密裏に受け渡しをしたのです。中国は、日本に対して釣魚島について努力するとともに、琉球の主権の返還について議論をしなければならない。米日が戦後ひそかに主権を授受したことを世界に知らせなければなりません。

以上、私なりに翻訳してみました。


話はかわりますが、中国語サイトを調べて、私がもっとも戦慄を覚えた情報は、9月15日に掲載したブログの内容です。
それは、9月11日夜、梁光烈国防委員長が会議を開催し決定した日本に対する方針です。
最も重要な部分を再度、下に記載いたします。

—————
【緊急拡散依頼】JSN■梁光烈は軍隊に命令:万全を尽くして軍事闘争の準備をせよ!(9月15日)
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/beef15ef2455c6de51ceab7489352d23

合意事項:魚釣島と琉球群島は中国領土であり、核心的利益である。決して譲歩しません。会議では以下の事を決定します:処理原則――先に礼を尽くしてもだめなら武力を行使する。(先礼後兵)

(1)外交上では私たちの原則的立場を明確にするよう努力する事。
(2)日本と東シナ海の共同開発と国境の交渉を停止する事。
(3)軍隊は、万全を尽くして軍事闘争の準備をする事。
—————
9月15日にこの記事を掲載してから3週間ほど立ちましたので、検証してみたいと思います。

まず、最も重要と思えるのは、「魚釣島と琉球群島は中国領土であり、核心的利益である。」という合意事項ですが、最近中共は「尖閣諸島は中国の核心的利益である。」といいはじめましたが、まだ、琉球群島については、言及していません。

(1)については、権利を主張しつづけているので、そのとおりです。
(2)については、東シナ海のガス田は勝手に掘り始めているので、そのとおりです。国境については、尖閣諸島の領有を主張し続けているので、交渉の余地はありません。
(3)については、私たちの知るところではありませんが、鳴霞さんによると、「準備は終わっている」とのことです。

以上、検証結果としては、かなりこの文書のとおりに中共は動いているようですので、この9月15日に掲載した記事の信憑性はかなり高いと思われます。これが正しいとすると、問題はいつ「琉球群島は中国の核心的利益」と言い始めるかです。それが気になっているところに、香港の新聞の記事が掲載されました。推測すると、中国はこれから、外交交渉で「尖閣諸島の主権を争うなら、沖縄の主権の帰属についても合わせて議論すべきだという。」といいはじめ、次に「琉球群島は中国の核心的利益」というのではないかと推測されます。その時の彼らの議論に負けないように、プロパガンダ戦に備えなければならないと思います。

JSNブログでは、平行して「中国共産党の沖縄親中プロパガンダを検証する」を特集していますので、是非、拡散にご協力をお願いいたします

【拡散依頼】JSN■中国共産党の沖縄親中プロパガンダを検証する(1)
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/4755441c2deffee40f31eff3e6fdde04

【拡散依頼】JSN■中国共産党の沖縄親中プロパガンダを検証する(2):沖縄は福建省出身の人が作った
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/a22ccf064fe462d4bfdabaa90c136034

最後にもうひとつ重要な言葉があります。

処理方針:先礼後兵(先に礼を尽くしてもだめなら後から兵を出す)というによると、現在彼らは礼をつくしているということらしいです。その内、日本が尖閣や沖縄を中国に返すと言わない限り武力を行使してくるということですので、日本は心して備えなければなりません。

10月24日に埼玉の朝霞駐屯地では、中央観閲式が行われます。そこで、この危機を回避するために、朝07:15から自衛隊の配備を求めるデモ集会を行ないますので、是非、お誘いあわせの上、ご参加のほどお願いいたします。

是非、軍事訓練でも共同訓練でも良いので、自衛隊には動いていいただきたいと思います。

11月に米海軍の空母も参加して日米共同で尖閣諸島奪還訓練を予定しているとのことですが、沖縄県知事選挙で伊波洋一を応援するグループは、必ず、「自衛隊反対!」「米軍反対!」の声を必ずだしてきますので、負けないように頑張りましょう!

(JSN代表 仲村)

関連投稿

シェアする