JSN■「尖閣諸島領海侵犯事件の中国人船長の釈放方針に抗議する」

シェアする

JSN■「尖閣諸島領海侵犯事件の中国人船長の釈放方針に抗議する」

たちあがれ日本 代表 平沼赳夫

記者会見 動画 平成22年9月24日 YouTube

憤慨に堪えない。
検察には、法治国家日本の法の執行者として、法の正義を「万民」に公平に及ばせる責任が求められている。違法行為は、あくまでも法に則り、適法適正に処罰が決定されなければならない。いかなる暴力や恫喝によっても、正義が失われることがあってはならない。相手によって「慮る」ことがあっては信義と信頼は成立しない。これは「配慮」ではない。「敗北」である。

今回の決定は、国際社会からの我が国への信用と信頼を失墜し、国益を大きく損なう外交上の大汚点であると共に、法の番人への信頼を失わせる、法治国家としての終焉の表れであると言わざるを得ない。「大津事件」以来の毅然とした伝統ある司法への信頼はもはや喪われた。

同盟国の米国は、今回の事件を「中国政府の意図に基づく組織的な事件」として警戒を強め、「尖閣諸島も日米安保の対象」だという強いメッセージを発している。一方、中国と領土問題を抱えるアジア諸国は、わが国の対応と事態の推移を注目している。我が国は独立国家としての覚悟が試されていたのだ。

政府と司法は問題の本質を明確にし、我が国の正当性を大いに国際社会にアピールし、国家の主権と国益、領土、国民の生命財産を断固守るという意志を行動で示すべきであり、断じて不当な脅迫や恫喝に屈して従属することでは断じてない。

日本国の主権と国土と国民を護らずして何の国家であるか。何の法であるか。日本国政府は、いかなる譲歩も妥協もしてはならない。勇気と信義を持って毅然とした外交を貫くべきである。

国家の主権と国益、日本固有の領土、沖縄・尖閣諸島に生活する日本国民の生命財産を断固守りぬくために、那覇地検に処分決定の撤回を求めるとともに、政府に毅然たる外交を推進することこそを強く求める。

衆議院議員 平沼赳夫 事務所


◆声明文「尖閣諸島領海侵犯事件の中国人船長の釈放方針に抗議する」

声明文 PDF
http://www.tachiagare.jp/pdf/newsrelease_100924_2.pdf (※リンク切れ)

去る九月七日、沖縄・尖閣諸島周辺の日本領海を侵犯した中国漁船が海 上保安庁巡視船に故意に体当たりし、逃亡しようとした事件で、海上保安庁は当該船長を逮捕し、法律に則って厳正な取り調べを進めていたが、本日二十四日、 那覇地検は「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」という理由で、同船長を処分保留で釈放することを決定した。

そもそも、那覇地検に外交や国家の主権を云々する権限はない。法治国家日本の法の執行者として、法の正義を公平に及ばせる責任があるだけだ。今回の事件は、中国漁船による領海侵犯事件であり、違法行為はあくまでも法に則り、適法適正に処罰が決定されるべきである。

今回の那覇地検の決定は、同船長の無条件釈放を求める中国政府に日本政府が全面屈服したことにほかならず、国際社会に対し、日本が尖閣諸島の領有権放棄を表明したことに等しい暴挙である。

尖閣諸島は歴史的にわが国固有の領土だ。領海侵犯という主権侵害行為に対して、独立国家としての対応を放棄した今回の決定を、我々は断固糾弾する。

たちあがれ日本 代表 平沼赳夫

関連投稿

シェアする