尖閣諸島侵略の口実をつくるプロパガンダ戦が始まった!

■尖閣諸島侵略の口実をつくるプロパガンダ戦が始まった!

尖閣諸島海域で海上保安庁と中国漁船の衝突事故における中国国内の報道です。

13億人の国家で騒いでいるのはわずか30人程度です。(NHKは40人)

この30人の声を中国国内で大きく取り上げ報道し、中国国民の怒りとして政治利用します。

沖縄の普天間問題と同じ構造になっている事に気がつかねばなりません。

中国国民は尖閣諸島がどこにあるのかも、さらに、その存在事態ほとんどの方が知りません。

このニュースの報道で中国国民に教育している途中です。

尖閣諸島侵略の本格的プロパガンダが始まりました。

日本は早急に情報戦でも実際の防衛体制の両方でこの危機に備えなければなりません。

(JSN代表 仲村)

船接触問題 中国中央テレビや新聞各紙も大きく報道

中国人船長逮捕に中国側反発 日本大使館前は緊迫(10/09/08)

北京 日本大使館前で抗議活動

中国民?保??合会人士在北京日本??使?前?\”?\”字抗? 要求日本道歉

<機械翻訳>中国民間が水曜日の午前、中国民間保釣連合は、北京日本駐中国大使館の前で、日本がパトロールして船中国の漁船に衝突したと抗議しました。保釣連合の責任者は日本の行為は侵略で、日本政府へ中国への謝罪を求めると言っていました。

40数人の小さい規模の抗議の隊列は中国の国旗を挙げて、中国の国歌を歌って通り沿いで歩いてきます。日本駐中国大使館の入り口で立ち止まります。「釣魚島は中国のものだ。」「東シナ海は中国のものだ」と大きな声で訴えました。

民間保釣連合会の責任者は、「抗議したい事はこの二点です。特に日本政府に中国に向って謝るように求めます。」と述べました。

その他に、李文は、日本の大使に届けた抗議の手紙には1枚の写真が描かれており、その写真は古代中国の青銅器の壁時計だった。日本の大使の丹宇の羽の一郎デモ隊が到着し抗議する前に、すでに車で公使館を離れました。しかしもし訴える凍ができるならという質問に対して、とっていっそう行動するかどうか、責任者は日本がパトロールする事侵略なのではありませんと言って、保釣委員会は島へ上陸する可能性があると述べました。

関連投稿