JSN■華人団体、中国の領土と主権を主張し11日、尖閣諸島に向けて出港の可能性

シェアする

■華人団体、中国の領土と主権を主張し11日、尖閣諸島に向けて出港の可能性

※まだ、マスコミも報道していない情報です。

今回の中国船の日本の巡視船に衝突した行動での中国の反発は、鳴霞(めいか」さん(著書「中国人民解放軍の正体」)からの情報では、「尖閣諸島は過去一度も中国の領土だった事は無い」という小沢発言を受けての中国側の反応であるとのことです。

●参考 著書「人民解放軍の正体」
http://nisshin-houdou.com/products/knowledge/0009_4.php

さらに、下記に鳴霞さんの情報を紹介します。
まだ日本では報道されていません。

以下紹介します。

———

本日8日、昼11時頃、保釣団体は香港にある日本領事館の前で抗議デモを行われました。

台湾、香港、マカオ、大陸など保釣行動会は、土曜日(9月11日)前後に台北に集まり会議を開催します。

その会議後に、魚釣島へ行き、中国の領土と主権を主張する予定です。

保釣行動主席、陳妙徳は、

「全世界保釣者のトップは、9月11日台北で保釣大会を開催します。香港、マカオ、大陸、台湾の代表は魚釣島へ集まり、主権を宣言する予定である。」

と発表しました。

保釣委員の執行委員トップ曽健成氏の話では、

「魚釣島へ行き、中国の主権を宣言する予定ですが、香港から出港した場合、港政府の妨害の心配があります。そのため、台湾から出港する」こともほのめかしました。

しかし、結局どこから出港するかは明言しませんでした。

曽健成氏は、「日本がますます魚釣島に対して侵略を行うのでこれ以上我慢できません。」

と語りました。

中国全国政協委員、保釣委員の顧問、劉夢熊は、

「私は保釣委員会に香港ドル300万を寄付します。」
「船を購入して、魚釣り島へ行く」

と言いました。

同時に彼は、世界の華僑、中国人に対して、

「保釣委員で大きな船(ウクライナーの退役軍艦)を購入するためにカンパをよびかける」

と語りました。

劉孟雄はまた、中国軍のトップは、日本が魚釣島に進駐した場合、中国軍は緊急対策を取るべきと言っていると伝えました。

保釣委員会副主席、区伯権は、記者会見で厳しい声明を発表した。

「魚釣島は、古来から中国の領土の一部である」

声明の中では、

「すべての中国人(世界各国に住む)よ、韓国人が竹島を守ったように、日本人をやっつけていけ!(独島モデルをみならえ!)」

と呼びかけた。

——

ネットで調べた情報として、

●関連情報
<魚釣島紛争再起、両岸四地区の英雄再び保釣行動を開始>
http://news.creaders.net/headline/newsViewer.php?nid=444081&id=1007295&dcid=15

●香港保釣行動委員会
http://www.diaoyuislands.org/
http://forum.diaoyuislands.org/viewtopic.php?t=2695

いずれにしても、来年6月17日には、香港、台湾の華人団体「保?行?委?会」が、大規模船団で尖閣諸島に向かうことは間違いないのですが、今から何らかの対策が必要だと考えています。

南シナ海の例をみても、まずは、民間船を向かわせ漁民を守る名目で軍艦を出すパターンを今後中国は取るでしょう。

本当は自衛隊対処しなくてはならないのだと思いますが、日本はそうした法整備も出来ていないのが現状です。

今回は、大変憂慮すべき現状を察知し、上記情報は、今回中国人を逮捕した第11管区海上保安本部へ情報を提供をさせていただきました。

(JSN副代表・ささき)

関連投稿

シェアする