【JSN緊急国難セミナー】ゲスト講演:村田春樹先生(3/3)

シェアする

【JSN緊急国難セミナー】ゲスト講演:村田春樹先生(3/3)

車も右側通行だった。
このものすごい奥地に「奥」という部落があったんです。
仲村さん(沖縄とともに「自立国家日本」を再建する草の根ネットワークJSN代表)、行ったことあります?
    
ここに当時、日本の過激派、新左翼と言われている人たちです。彼らがここにキャンプしていたんです。ここで軍事訓練やっていたんです。
そこに私行ったことがあるんです。紹介があってね、新左翼の友達がいて、いろいろなルートがあって、行ったことがあるんです。
そのキャンプ。まさに、アメリカ・インディアみたいなキャンプみたいなところでね、軍事訓練なんかしている。
その司令部のテントに、私、招き入れられたんです。
誰が指導していると思います?この軍事訓練のキャンプを。
中華人民共和国の人民解放軍の将校ですよ。
軍服着ていましたよ。
   
この話をするとね、誰も信じてくれないの。そんなわけねーだろって。事実です。
今まで信じてくれたのは、ひとりだけ。元東京大学教授の酒井先生っていう方。「それはあり得る」。
他の人は、ウソばっか。お前、見間違っただろって。
でも、私、間違いないと思っている。
あの将校の、兵隊の、軍服の後ろに、毛沢東と林彪が並んでいる写真があったの、有名な、こんなでかい。
私、言ったの。
「あんた、林彪が失脚したこと、知ってるか」。
その頃、林彪が失脚しているってこと、日本のマスコミは全然報道しなかったの。
私はね、「諸君」とかよく読んでいたのでね、「失脚した」と言ったら、「そんなことあるわけないだろっ。林彪先生がどうたらこうたら」って言っていましたよ。
日本に(沖縄が)返還になって、彼はチャイナに帰ったでしょ。
私はね、中華人民共和国の沖縄に対する野心というのはね、ここではっきりわかりましたよ。
はっきりわかった。これが現実なんですよ。
   
さて、時間もありませんので、今日は、仲村さんの前座ですし、専門家を目の前にして、沖縄の話をするのも心苦しいんですけれども、外国人参政権が通ったら、沖縄は非常に危ないんです。
今現在は、沖縄にいる外国人の数というのは、日本全体の平均より少ないんですよ。外国人登録者も少ないんです。永住者も少ないんです。
でも、よろしいですか、みなさん。
あっという間にね、北京政府がその気になれば、沖縄列島はチャイニーズでいっぱいになりますよ。
  
何故か。
千島列島があっという間にロシア人でいっぱいになったでしょ。
昭和20年まで、千島列島にロシア人、ひとりもいなかったんですよ。南樺太にもひとりもいなかったんですよ。あっという間にぎっしり埋まったじゃないですか。
なぜですか。
そこにいけば、お前たち、給料3倍あげるよと言ったんですよ、ソ連政府は。
来てみたら、日本が築いたインフラがあるから、こりゃあいいや、どんどん故郷から呼び寄せて、千島列島も樺太もロシア人でいっぱいじゃないですか。
  
今ね、ウィグルにいるチャイニーズ、チベットにいるチャイニーズ、モンゴルにいるチャイニーズは、どうですか。標高4000m?3000m?零下30度?40度?そういうところにいるわけでしょ。
お前たち、沖縄に行けと。年間平均気温20度で、雨が降って、電気もあるう、水道もある、ガスもある。
チベットにいるよりいいんじゃないですか。
ウィグルにいるよりいいんじゃないですか。
しかも、生活保護くれるよ、生活保護。
子ども手当くれるよ、子ども手当。
ウィグルでくれますか、子ども手当。
あっという間に、沖縄列島いっぱいになりますよ。
南西諸島はチャイニーズだらけになりますよ。
   
みなさん、菅直人がね、何と言ったか。「沖縄は独立しろ」と言っているんですよ。「独立しろ」。
(菅首相「基地問題どうにもならない」「もう沖縄は独立した方がいい」と発言 喜納参院議員が暴露 (2010.6.15産経) )
   
私はね、これはね、本当にひどい話だと思う。
昭和20年の6月、くしくも、昨日ですね、沖縄の慰霊の日ですよね。
私は沖縄の慰霊の日の次の日に、そして、日本の命運を決める参院選挙のスタートの日に、こういう催しがあるということは非常に感慨深いんですよ。
あの沖縄がですね、降伏したときに、海軍司令官太田実中将が大本営に電報を打ったのはご存知ですよね、みなさん。有名な電報ですよ。
今日、持ってきましたけど、涙なしには読めません。あえて、読みます。途中から。
  
「若き婦人は率先し、看護婦、炊事婦ハモトヨリ、砲弾運ビ、挺身斬込隊スラ申出ルモノアリ」
  
実際に斬り込んで行った人がいたんですよ、女の人で、女学生で。
あわてて捕まえて、がんじがらめにしなかったら、本人たちは突撃して行ったんですよ。

「真面目ニシテ一時ノ感情ニ馳セラレタルモノトハ思ワレズ」
一時の感情ではない、と。

「自給自足夜ノ中ニ遥ニ遠隔地方ノ住民地区ヲ指定セラレ 輸送力皆無ノ者 黙々トシテ雨中ヲ移動スルアリ 之ヲ要スルニ陸海軍沖縄ニ進駐以来 終始一貫 勤労奉仕、物資節約ヲ強要セラレテ 御奉公ヲ胸ニ抱キツツ」

「本戦闘ノ末期トなり、沖縄島は形が代わり、一木一草焦土ト化セン。糧食6月一杯ヲ支フルノミナリト謂フ 沖縄縣民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」

「特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」と言っているんですよ。
  
何故、沖縄の人がこんなにも戦ったか。
私ね、沖縄の人のことはよくわからないんだけど。
僕もね、親戚にいるんですよ、我が家の嫁に来た人がいるんですよ。
彼らがなんでこんなに勇猛果敢に戦ったのかわからないんだけど。
多分、私の浅い考えではね、沖縄県人というのは、遅れて日本人になったんですよ。何十年か。そうでしょ。明治維新から20年ほど遅れて日本人になった。
だから、遅れてきたから、内地の人には負けないぞと、本当の日本人になるんだ、模範となる日本人になるんだ、後から来たからと言って、後ろ指さされることはない、模範的な帝国臣民になるんだ、模範的な天皇臣民になるんだと言って、燃えていたんですよ。
それでこの、大東亜戦争、彼らはそれを示す大変大きな機会だった。
だから、あれだけ、戦ってくれたんです。
日本人になりたい、おれたちは日本人だ、見てみろ。
そう言って、散って行ったわけですよ。そうでしょ。
     
それに対してね、お前たちは独立しろ。つまり、日本人じゃないと言っているんですよ。チャイナに行けと言っているんですよ。こんなことは、あの平和の礎に眠る沖縄県人に対して、無礼千万もいいところなんですよ。
私はね、沖縄独立云々いう人はね、平和の礎に行って聞いてこい、胸に手を当てて。どういうつもりで戦ったのかということをね。言いたいですね。
時間もありませんし、沖縄専門家の前でこれ以上話すと、馬脚をあらわしますので、このへんにしておきますけれども。
是非、みなさん、この選挙では、外国人参政権絶対反対、こういう政党に投票していただきたいという風に思います。
ご静聴、ありがとうございました。

関連投稿

シェアする