JSN■日本のEEZ内で中国船が海保測量船を追跡…中国の意図を読む

シェアする

■日本のEEZ内で中国船が海保測量船を追跡…中国の意図を読む

●中国調査船がEEZ内に=海保に測量中止要求-奄美沖・外務省が抗議

5月4日14時44分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100504-00000043-jij-soci
(最後に引用あり)

今回は、日本のEEZ内。EEZとは、中国と日本の中間線のこと。

日本は、当然日中中間線を主張している。
領海の境を中間線とすることは国際的にも常識である。

しかし、これまで中国は中国の大陸棚が沖縄諸島のまじかまで迫っていることを理由に、その沖縄半島の寸前までを中国の領海と主張している。

おそらく中国は、近い将来沖縄諸島の間近で軍事訓練をするだろう。

●沖縄近海で軍事訓練を行うための既成事実つくり

それをやるためには、沖縄諸島の間近の大陸棚までを中国領海である既成事実をつくる必要がある。

中国は今回、普通の船で日中中間線を越え、日本側の領海内で日本に対して「中国の規則が適用される海域」と主張して昭洋に測量の中止を要求したわけだ。

ここで思い出されるのは、4月の西太平洋での中国海軍の動きは、公海上であったことだ。

この中国の軍事行動に対して25日に行われた「米軍普天間基地県外国外移設を要求」している沖縄県民の意見として、「公海上で中国は何にも悪いことはしていない」という意見が多かった。

しかし中国は何にもしていないように見えながら沖縄を中国領化するための一手を着実に打っている。

●外堀をどんどん埋められる日本

次の中国の一手は、今回のような日中中間線を越えた海域での行動が頻繁して来るだろう。どんどん中国船は日中中間線を越えて沖縄諸島近海で行動し始める。

それによって既成事実化し中国は、沖縄諸島近海までを中国の領海だとの主張を強行にしてくるだろう。

今度は、普通の中国船ではなく軍艦が出始めることだ。そして沖縄諸島の間近で軍事訓練を行う。中国はその時こう言うだろう。

「中国領海での軍事訓練に日本は口を出すな!」

沖縄県から米軍を追い出した場合、それが起こる時期は、確実に早まる。中国が沖縄近海で軍事訓練を行うための外堀はドンドン埋められている。

沖縄は日本に帰属しないと言ってることを忘れてはならない。 中国は簡単に沖縄も手に入れることになる。

●中国の顔色が気になって何にも抗議できない鳩山首相

今回の中国船の行動は、沖縄を取るための外堀を埋める中国の一手であることを見抜かねばならないのだが、鳩山首相は、自ら中国に東シナ海を「友愛の海」提案しておきながら、中国の顔色を気にして抗議すらしていない。

沖縄の県民の将来を守るなら県民に中国の軍事的野心を説き、沖縄に海兵隊があることの重要性を本当は説得しなくてはならないのだ。

(JSN副代表・ささき)


●中国調査船がEEZ内に=海保に測量中止要求-奄美沖・外務省が抗議

5月4日14時44分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100504-00000043-jij-soci

海上保安庁は4日、奄美大島の北西約320キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で3日午後、中国の国家海洋局の海洋調査船「海監51」(1690トン)が同庁の測量船「昭洋」(3000トン)に接近し、約3時間45分にわたり追跡してきたと発表した。海監51は「中国の規則が適用される海域」と主張して昭洋に測量の中止を要求。日本の外務省はEEZ内の正当な調査として、中国政府に厳重抗議した。
同庁によると、中国船の日本のEEZ内への侵入は年に数回あるが、自国の権益を主張し測量中止を求めたのは初めて。
接近があったのは、中国との地理的中間線まで約40キロの東シナ海。海監51は、3日午後2時ごろから昭洋に徐々に接近。午後3時半ごろ、無線で「何をしているのか。この海域は中国の規則が適用されるので調査を中止しろ」と昭洋に告げた。
昭洋は「日本の大陸棚であり国際的に正当な調査を実施している」と応答したが、海監51は昭洋を追尾。最接近時は1キロ弱の距離になった。昭洋は調査の継続に支障があると判断し、奄美大島方面に引き返した。海監51は午後5時45分ごろ、レーダー上から消えた。

関連投稿

シェアする